自分の好みを優先


昔の婚約指輪と言えば、立て爪のダイアが一般的でした。立て爪の部分がとても高く、とても日常生活で使用するには邪魔になるようなデザインでしたが、それでもその高さこそが幸せの象徴のように考えられていた時期があるのです。その為、一時の婚約指輪と言えば立て爪が基本であり、価格も給料3か月分と言われていました。その為、大変高価な物のイメージをいまだにもっている方も少なくないでしょう。ですが、最近では、婚約指輪も少しずつ形を変えてきています
指輪

まず、デザインで言えば立て爪のデザインは大変少なくなってきています。全くないという事ではありませんが、昔のようにやたらめったら高いと言う事は無く、引っ掛かりの少ないように生活にあったサイズとなっております。更に、価格もずっとリーズナブルになり、多くの人が買いやすい値段となりました。

勿論、ブランドなどにこだわれば価格はあっという間に上がってしまう事でしょう。ですが、自分の好きなデザインを考え、それに合う物をさがしていく事によって、以前よりずっと低価格で購入する事が出来るようになったのです

指輪のデザインの好みは、人それぞれです。たとえ、他人からなんと言われようと本人がそのデザインを気に入っているのであれば、それが一番良い事なのではないでしょうか。最近ではジュエリーショップに行く前に、お店のホームページなどから扱っているデザインや価格を事前に下調べすることができます。お店で緊張しない為にもこうしたサイトを前もって活用しておくと良いでしょう。

関連サイト・・・http://gala-okachimachi.com/fair/fair_e2.html
結婚指輪のデザインや価格を掲載している「ガラ おかちまち」のサイトです。